美容外科で解決できる刺青問題|サイズによる除去方法の違い

跡は残りますが消せます

女性

美容外科クリニックで

ファッション感覚で刺青(いれずみ)を入れた事を後悔している、就職や結婚に影響が出るため刺青を消したい、そんな場合には美容外科クリニックで刺青を除去することができます。刺青除去にはいくつかの種類があり、色や大きさなどに応じて最適な方法が用いられます。いずれの方法においても無傷で消すことは不可能であることには注意が必要です。最も確実に刺青を消すことができるのが「切除術」です。これは、刺青の入った皮膚を切り取り、周りの皮膚を引っ張って縫合するという方法です。小さな図柄に適した方法で、1回の治療で除去できない場合には複数回にわたって切除を行います。図柄は完全に消すことができますが、縫い合わせた場所が傷跡として残ります。

面積が広い場合には

縫合の傷跡を残したくない方や刺青の面積が広い場合には「レーザー治療」が用いられます。これはレーザーを照射することで色素を破壊して除去するという方法です。1回の照射で刺青が消えることはほとんどないため、複数回にわたって照射を行い徐々に色を薄くしていきます。治療後には色素を入れていた部分が変色して跡として残ります。黒っぽい色の刺青に適しています。赤や黄色のなどの色がついている場合にはレーザーではうまく消えないため、「剥削(はくさく)」という方法が用いられます。これは皮膚の表面を削ることで色素を落とす方法です。火傷後のような傷跡が残りますが、徐々に落ち着いてきます。治療を受ける時間がない、とりあえず刺青を隠したいという場合には、ファンデーションテープというフィルムを貼る方法もあります。水に強く、プールなどでも用いることができます。

より確実な治療

医師

「美容皮膚科」は、メスを使わずにシワやシミなど肌の悩みを解決させていきます。痛みを感じることなくキズが残らないのが最大のメリットです。レーザーと飲み薬、塗り薬を組み合わせてダブルパワーでアプローチしていきます。

もっと詳しく

多くの女性の悩みです

頬を触るウーマン

しわやたるみに効果のあるヒアルロン酸注射が人気です。しわやたるみのある部分にヒアルロン酸を注入することで、皮膚を内側から膨らまし、しわやたるみを解消します。即効性があるのが特徴です。手術ではないので手軽にトライできます。

もっと詳しく

理想の自分に近づくには

先生

美容外科のプチ整形は手軽に施術を受けられますが、当然、リスクはあります。カウンセリングでよく話を聞き、検討してから施術を受けるようにします。また、現在のプチ整形は様々な種類があるので、気になる部分を気軽に相談できます。

もっと詳しく